結婚指輪の意味や歴史ってご存知ですか?

結婚指輪といえば、だれもが一度は憧れる特別な指輪です。
結婚という人生の最大の節目に、カップルのつながりだけではなく、ある男女が知り合う事により、今まで関係のなかった家族と家族がつながりまた一つの家族が出来ていくといった、人類の進化にもかかわる大切な、結婚。
その結婚に際して結婚指輪をお互いに贈りあい、左手の薬指にはめるという結婚指輪ですが、今では当たり前になりつつある、この結婚指輪の歴史、意外に知らない人も多いのですが、皆さまはご存知でしょうか。
結婚指輪の歴史を知ると、また結婚指輪に入れる思い入れなんかも深まってきますので、是非この歴史を探ってみましょう。

結婚指輪の歴史は実は今からとってもとってもさかのぼること、古代ローマ時代、やはりこの当時から家族間のつながり、昔は契約といったニュアンスで男性の家族から女性の家族へ家族間のつながりの契約の意味を込めて贈っていたようです。
その時の結婚指輪は手作り指輪で素材は鉄の指輪でした。
元々は鉄の指輪で今のように何か宝石のような石を埋め込むような習慣はこの時代にはございませんでした。
この当時は愛の象徴というよりは、契約の意味合いが強かった手作り指輪。
現在は愛のあかしというようなメッセージ性が強い結婚指輪ですが、やはり家族と家族の契約という意味も残っているのがわかりますね。

少し時代が進み9世紀ころ。
このころの教皇ニコラス一世が結婚指輪は、婚約をする際には手作り指輪が必要という命令が出されたことによって、婚約をする際には結婚指輪という習慣が始まっていくようになりました。
これは今でいう婚約指輪の始まりですね。

現代では婚約指輪と結婚指輪を別に用意はせず共通にしていることも多くなっております。
そんな結婚指輪の方はといいますと、11世紀から13世紀にかけてキリスト教式の結婚式で指輪をお互いに交換するという儀式が始まっておりました。これはキリスト教の浸透により、結婚指輪の交換も一気に浸透していくのでした。
またこの当時は男性が鉄の指輪、女性が金の指輪というように変わっております。
やはり女性には鉄の指輪は重く、金の指輪の繊細な輝きが花嫁さんにぴったりだったこともあってでしょうか。

またなぜ指輪で永遠の愛を誓い合うようになったのかと言いますと、それはリングは永遠に切れることなく、また鉄や金など強い素材を使う事により、つながりが途絶えることなく、永遠につないでいくという意味があるのです。
結婚指輪を見ると、自分たちの先祖様も古くからつないできてくれそれが現代、そして今後もつながっていくのですから何とも神秘的ではないでしょうか。

さて日本に入って来たのは、鎖国時代が終わる江戸時代後期ともいわれておりますが、多く一般の人々に広まっていったのは、戦後になります。
戦後の日本にはアメリカの文化が一気に入ってきました。
そのアメリカ文化に乗って入って来たものの一つが結婚指輪です。
戦後テレビが一般家庭にも入るようになり、そしてコマーシャルが始まる時代へ。
すると結婚指輪のコマーシャルを通して更に広まっていくのです。
また指輪=手作り指輪というのもあり、多くの指輪職人が手作り指輪を作るようになっていきました。

その後日本はバブル時代になり、お給料の3か月分という言葉が今も覚えているほど、婚約指輪はお給料の3か月分という言葉も生まれてきます。
ダイヤモンドや誕生石といった高価な宝石をあしらった指輪が主流となり、結婚指輪と婚約指輪の両方を用意するのが一般的な時代でした。
バブルの時代には、海外からのジュエリーブランドや、日本国内でも一流のジュエリーブランドの手作り指輪が、百貨店や宝石店に並ぶようになっておりました。

日本ではバブルが崩壊して、高価な指輪から少し変化をして、自分たちにとって特別な指輪という考えが主流になってきました。
誰かと比べるのではなく、テレビで紹介されているからではなく、自分たちの納得のいく結婚指輪を求めるカップルが多くなります。
個性のある指輪や、自分たちの思い出の場所で購入するという意味を込めた指輪。
また手作り結婚指輪という手作り指輪を自分たちで製作するという工房も誕生して、自分たちにとって特別なそして手作り指輪を見るたびに、初心に戻ることのできるような、そんな指輪が人気になってきました。

指輪の歴史をたどってみると、やはり変わらないのは永遠のつながりを意味していること、またお互いの家族と家族のつながり、言い換えてみれば最初に結婚指輪が始まった当時と同じ契約の意味もやはり感じることが出来ますね。
これから結婚する方も、またすでに結婚されている方も、この手作り指輪のルーツを探ってみると、面白い興味深いことも沢山あり、また結婚指輪への思い入れも変わってきますね。

古くからずっと続く結婚指輪。
永遠の愛を、そして途切れることのないつながりを手作り指輪に込めてみませんか。
そんな大事な指輪を手作りできる工房はここです。手作り 指輪