結婚後に結婚指輪は毎日つけてる?

結婚指輪を結婚後もつける人は少ない

結婚指輪といえば、日常的に薬指につけるもの、というイメージがあります。

「好きだった人が左手薬指に指輪をつけていてショック」というのは、ドラマや小説のなかでは定番です。

しかし実際に毎日つけている人がいるのかといえば、これが意外なほど少ないです。

大半の女性は、結婚指輪はイベントにつける特別な指輪として保管しています。

毎日つけている人は、10人のうち1~2人ぐらいです。

お値段もそれなりにする指輪ですから、傷をつけないようにしたいという女性が多いのかもしれません。

仕事場で結婚指輪をつけてもいいの?

アクセサリーNGの職場であれば避けなければいけませんが、アクセサリーOKの職場だったら基本的に問題ありません。

ただ結婚指輪をつけるということは、周囲に結婚していることを知らせるということです。

職場の会話のなかで、結婚話になったら自然と話が振られるようになります。

プライベートについて根ほり葉ほり聞かれるのは嫌、という人はつけないほうがよいでしょう。

一昔前であれば、結婚を逃した人に八つ当たりされるということもあったかもしれません。

現代は「結婚しない」という道を選ぶ人も増えたので、「根気を逃したお局様に嫌がらせをされる」ということも少なくなりました。

だからといってまったくないわけではないので、結婚指輪をつけるかつけないかは職場の人間関係をみて判断するとよいでしょう。

また事務などの限られた人と会う職場ではなく、接客業など多種多様な人と会う仕事の場合も避けたほうが無難です。

仕事中にペットボトルの水を飲んだだけでクレームを入れる時代です。

幸せの象徴である結婚指輪をつけているだけで目をつけられる可能性もあるのです。

医療系や食品系は、安全や衛生のためにそもそもつけるのを禁止している職場が多いです。

結婚指輪はどんなときに身に着ける

結婚指輪は特別な日にだけ見につけるという女性は多いです。

特別な日とはどういった日でしょうか。

まずは子供の入学式や知人の結婚式など、フォーマルな場です。

結婚指輪はシンプルで品の良いデザインですから、フォーマルな場によく合います。

次におでかけのときです。

シンプルな結婚指輪はちょっとしたお出かけに最適です。

最後は結婚記念日などの記念日です。

初心に戻るためにもつけているという人は多いです。