結婚指輪について知ろう

結婚指輪にはどのような意味があるのか

結婚指輪にもきちんとした意味が存在しています。

日本では昔既婚者の証はお歯黒でしたが、それが現在では結婚指輪になったと言えるでしょう。

ようするに結婚しているという証になるので、左手の薬指に指輪を付けていればそれは結婚指輪であり、既婚者である可能性が高いのです。

そしてもう1つは当然夫婦の愛の証でもあります。

結婚指輪の歴史は意外と古い

日本には結婚指輪を身に着けるという文化はなく、明治時代に外国から伝わったものの、それほど定着することはありませんでした。

しかし、戦後日本が負けると急激に欧米化していき、結婚指輪の文化も根付いてきたのです。

現在では当たり前のように身に着けている結婚指輪ですが、結婚指輪の歴史というのはかなり古いのです。

結婚指輪の歴史は9世紀にまでさかのぼるのですが、当時のローマ帝国の教皇ニコラウス一世が結婚の証拠として指輪を身に着けるのを認めたのが始まりだと言われています。

その後13世紀ごろにはヨーロッパ全土に普及し、当たり前のこととして結婚指輪の交換が行われていました。

日本でも定着するまでかなりの年数を要しましたが、ヨーロッパでも定着するまでかなりの年月がかかっているのです。

最近ではオーダーメイドする人も多い

結婚指輪は既製品の指輪を購入しても全く問題はありません。

実際に購入している人も多いでしょうが、近年は自分たちの好きなデザインで結婚指輪を作るオーダーメイドをする人が増えています。

オーダーメイドというのは、素材や使用する宝石、デザインなどをあらかじめ指定しておき、職人に手作りしてもらうという方法です。

メーカーやどのようなオーダーメイドをしたのかによっては、機械で作ることもありますが、オーダーメイドの内容は人によって異なります。

そのため、機械では対応しきれない部分も多いことから、手作りになることも多いのです。

注文してから完成するまでに時間がかかるので、ある程度余裕をもってオーダーメイドするのが基本になります。