結婚指輪の材質

結婚指輪の材質

結婚指輪は一生の記念品として長く使いたい方も多いでしょうから、その指輪の材質がどういうものか、きちんと確認してから購入したい方もおられるでしょう。
この指輪にはいくつかの素材を選べることが多く、実は各素材によって材質も微妙に変わります。
結婚指輪の素材として非常によく使われるプラチナとゴールドそれぞれでどんな材質となるのかご紹介しましょう。

プラチナの材質

プラチナは非常に希少価値が高く、貴重だからこそ結婚指輪の素材には非常によく使われています。
そのような素材を使った方が完成した指輪の希少価値も高くなり、一生の記念品にふさわしくなるというわけです。
そのようなプラチナの材質ですが、これは素材が安定しており、変色する、変質するといったことが少ない素材です。
そのためプラチナ製の結婚指輪を毎日身に着けていても、色や性質が変わるといったことが起こりにくく、安心してずっと使い続けられる指輪となるでしょう。

このほか、プラチナは加工がしやすく、宝石を取り付けやすいという特徴もあります。
宝石を取り付ける凝ったデザインを希望するときなどにも向いている素材です。
そのほか、純度が高いと指輪としての強度は弱くなり、傷や変形に弱くなるため、他の素材を少量混ぜていることが多いです。

ゴールドの材質

ゴールドは金のことです。
古くから価値ある希少金属として富の象徴となったり、現在の宝石のように求められたりしてきたもので、現在でも希少価値は高く、結婚指輪の素材にも好んでよく使われます。
その材質ですが、プラチナと同じく純度が高くなるほど傷や変形に弱くなり、結婚指輪としては使いづらい場合があるため、ほかの金属と混ぜたものがよく使われます。
そうすることで強度が上がり、結婚指輪として毎日使いやすくなります。

そのときには混ぜる金属の種類や割合によって特定の色に変化することがあり、いくつかの色の種類を楽しめる素材となります。
プラチナとゴールドはこのような材質となっています。
各素材の特徴も確認の上で指輪の素材を決めるといいかもしれません。