結婚指輪の歴史を知る

かなり昔からあった風習

婚約指輪はいつごろから使用されるようになったのかというと、詳しくはわかっていません。

しかし、古代ローマ時代には婚約指輪に似た風習があったとされています。

この時代、結婚相手はお金で買うという風習であったため、お金を支払った証拠として指輪を身に着けていたと言われています。

それに対して結婚指輪は、やはり正確な年月や発祥の場所は不明であるものの、9世紀にはすでに結婚指輪を交換する風習があったことはわかっています。

このときにはきちんと夫婦で指輪の交換が行われていましたが、男性は女性に対して金の指輪をプレゼントし、女性は男性に鉄の指輪をプレゼントしていたという記録が残っているのです。

ちなみに日本では結婚指輪を交換するという風習はなく、開国をして外国から物や人がなだれ込んできてから始まった文化です。

そのため、明治になってから結婚指輪を交換するようになったことがわかるでしょう。

昭和30年ごろには、結婚をする男女が指輪を交換するという風習が一般的になり、現在でも当たり前のように行われています。

これによって指輪をはじめとするアクセサリーを取り扱う店が急速に増えていきました。

予算は10万円以上欲しい

明治になってから日本に伝わり、現在ではあたまり前のように根付いている結婚指輪の交換ですが、結婚指輪は当然夫婦になる2人が購入するようになります。

豪華な金属や宝石を使っているので、それなりに予算がなければいけません。

では、どれぐらいの予算が必要になるのでしょうか。

結婚指輪の値段はピンからキリまでありますが、最低でも10万円以上は用意しておくべきでしょう。

もちろん2つ購入する必要があるので、倍の20万円は欲しいところです。

最近は高価な金属や宝石が使用されていても、昔より安価で購入できる時代となっています。

だからこそ1つ購入するのに10万円前後で買うことができるのですが、結婚指輪は一生の思い出になるので、可能であればもう少し予算を増やした方がよいでしょう。