結婚指輪には意味がある

結婚指輪にはどのような意味があるのか

結婚をしたときに夫婦で交換する結婚指輪には、きちんとした意味が存在しています。
それは夫婦として2人で歩んでいくという意味です。

その誓いを表すために結婚指輪をすると言われているのですが、その歴史は比較的古く、古代ローマの教皇が結婚式のときに指輪を交換したのが始まりだと言われています。
また、結婚指輪に使用する素材や宝石などにもいろいろな意味が込められているのです。

特に宝石は誕生石とも呼ばれており、宝石の定番であるダイヤモンドは4月の誕生石となっています。
誕生石は1つしか存在していない場合が多いのですが、6月の誕生石をはじめ、いくつかは誕生石が複数存在しているのです。

6月の誕生石は真珠なのですが、ムーンストーンも同じく6月の誕生石になります。
さらに結婚指輪を身に着ける指にも意味が込められているのです。

通常結婚指輪は左手の薬指に着けることが多いですが、左手の薬指は心臓に近く、きずなを深めるなどの意味が込められています。
このように結婚指輪は指輪時代に意味があるだけではなく、使用する宝石や身に着ける指にまで意味があるのです。
Continue reading “結婚指輪には意味がある”

結婚指輪にも歴史がある

結婚指輪の起源は9世紀

結婚指輪にも当然歴史がありますが、結婚指輪が誕生したのは9世紀の古代ローマと言われています。
この時代のローマは、ニコラウス1世という教皇が治めていました。

このニコラウス1世が結婚をするときに使用したのが結婚指輪の始まりだと言われています。
当時は今のようにいろいろな金属が使用されていたわけではなく、男性は女性に対して金のリングをプレゼントし、女性は男性に対して鉄のリングをプレゼントしていました。

それから男性に対しても鉄のリングではなく、金のリングを渡すようになっていったことから、ヨーロッパでは金が結婚指輪の定番となっているのです。
最初は庶民の間で行われていた風習ではありませんが、徐々に浸透していき、今では当たり前の文化になっています。
Continue reading “結婚指輪にも歴史がある”

結婚指輪の返品や歴史についての紹介

結婚指輪の返品

結婚指輪を購入したのはいいが、何らかの事情があり、指輪を返品したい、指輪を返品しなければいけなくなったというケースがあった場合に返品をすることは可能なのかということを書きます。
この何らかの事情が店側に問題がある事情であれば、返品を受け付けてくれる店舗もあります。

例えば、付属しているダイヤモンドの種類が違っていた、リングのサイズが違っていた、デザインのテイスト、色に間違いがあったなどです。
しかし、店側には欠点が何もなく、購入者の問題であれば、結婚指輪や婚約指輪は他の購入者に売ることはほとんどできませんので、返品を拒否されるケースが多々です。

インターネット通販での購入の場合、写真と実物が違うものであったという理由から返品可能な店舗もありますが、直接、店舗で購入した場合は返品を断られてしまうので注意が必要です。
一生に一度の高い買い物であるため、念入りに店舗の人と相談しながら購入するのが良いでしょう。

Continue reading “結婚指輪の返品や歴史についての紹介”

結婚指輪について知ろう

結婚指輪にはどのような意味があるのか

結婚指輪にもきちんとした意味が存在しています。

日本では昔既婚者の証はお歯黒でしたが、それが現在では結婚指輪になったと言えるでしょう。

ようするに結婚しているという証になるので、左手の薬指に指輪を付けていればそれは結婚指輪であり、既婚者である可能性が高いのです。

そしてもう1つは当然夫婦の愛の証でもあります。
Continue reading “結婚指輪について知ろう”

結婚指輪をプレゼントする意味とは

結婚指輪の意味が気になる

結婚するならパートナーに指輪をプレゼントするのが今では当たり前になっていますが、そもそもこれにはどんな意味があるのかと気になることもありますよね。

歴史的な意味のほか、現在ではどんな意味があるのかご紹介します。

そもそも始まりはどんな意味だったの?

結婚指輪も長い歴史のどこかで始まった習慣のはずですよね。

始まりは諸説あり、もっとも古くは古代ローマにまでさかのぼれるともいわれますが、一般庶民の間でもこの習慣が定着したのは中世ヨーロッパといわれています。

その意味もまた諸説あるのですが、一説によると夫婦の愛がしっかりと固く結びつき、永遠に続くように願ってのものだったとされます。

Continue reading “結婚指輪をプレゼントする意味とは”

結婚指輪の歴史を知る

かなり昔からあった風習

婚約指輪はいつごろから使用されるようになったのかというと、詳しくはわかっていません。

しかし、古代ローマ時代には婚約指輪に似た風習があったとされています。

この時代、結婚相手はお金で買うという風習であったため、お金を支払った証拠として指輪を身に着けていたと言われています。

それに対して結婚指輪は、やはり正確な年月や発祥の場所は不明であるものの、9世紀にはすでに結婚指輪を交換する風習があったことはわかっています。

このときにはきちんと夫婦で指輪の交換が行われていましたが、男性は女性に対して金の指輪をプレゼントし、女性は男性に鉄の指輪をプレゼントしていたという記録が残っているのです。

ちなみに日本では結婚指輪を交換するという風習はなく、開国をして外国から物や人がなだれ込んできてから始まった文化です。

そのため、明治になってから結婚指輪を交換するようになったことがわかるでしょう。

昭和30年ごろには、結婚をする男女が指輪を交換するという風習が一般的になり、現在でも当たり前のように行われています。

これによって指輪をはじめとするアクセサリーを取り扱う店が急速に増えていきました。

Continue reading “結婚指輪の歴史を知る”

結婚指輪の色合い

個性豊かな結婚指輪

結婚指輪に求めるものは人それぞれ違います。

シンプルなものを希望する人がいれば、個性の強いデザインのものを選ぶ人もいます。

その中でも、宝石にこだわる人などリング自体の色合いを気にする人も多々います。

例えば、ゴールドとプラチナを素材に選び、コンビネーションリングにして色合いを出します。

1色でシンプルなものと比較すると、色味が増し、お互いの素材の良い面を引き出してくれますし、人気も高いです。

遠目で見ても、色合いががはっきりしていますが、かといって目立ち過ぎてしまうとういうこともなく、それぞれの良いテイストを見せてくれます。

Continue reading “結婚指輪の色合い”

ローマの偉人が「指輪は結婚している証拠になる」と定めた

ローマの偉い人が決めたこと

昔々、ローマの偉い人は「指輪は結婚している証拠になる」と定めました。

実際に「花婿から花嫁には金の指輪・花嫁から花婿に銀の指輪を交換した」と、記録が残っています。

結婚指輪が登場するもっと前のこと、婚約時に鉄の指輪を贈る習慣はありました。

指輪は、純血を守り一生添い遂げることを意味します。

婚約指輪の誕生です。

指輪そのものは、昔から2人の絆を結ぶツールとして使われてきました。

一度指輪を交わした相手とは、余程のことがあっても離婚は許されませんでした。

日本に結婚指輪が普及したのは

日本に結婚指輪が普及したのは、昭和に入ってからのことです。

そもそも「指輪」そのものが日本にきたのは、明治時代になってからのことです。

偉い人になればなるほど、愛する人を何人も持つのは当たり前のことでした。

結婚は「2人で永遠に生きる」目的ではなく、子孫繁栄のための手段だったのです。

江戸時代を支えた徳川将軍の場合、途中で途切れることは許されなかったため、本妻だけでなく側室(現在の愛人)も何人も抱えていました。

Continue reading “ローマの偉人が「指輪は結婚している証拠になる」と定めた”

結婚指輪購入口コミ「2人が本当に良いとおもったデザインの方が良い」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

結婚7年目

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

84000円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

2人はもともと、結婚指輪は金色にしようと決めていて、実際お店に行くとおもった以上に種類があって、わからなくなってしまったので店員さんに聞いたところ、プラチナゴールドという色をオススメされたので、その色の指輪を探しました。

探しているとプラチナゴールドと、普通の最初候補になっていたゴールドが入った指輪を見つけたので、ずっと付けやすく、重くないあまり高すぎないものにしました。

デザイン性はシンプルでゴテゴテしていないものにしました。

Continue reading “結婚指輪購入口コミ「2人が本当に良いとおもったデザインの方が良い」”

シンプルで安い結婚指輪を作る

シンプルな作りならより安い結婚指輪が作れる

少しでも結婚指輪を安く作りたいのであれば、シンプルにすればよいのです。

宝石を使って豪華で凝った作りにしてしまうと、それだけ料金も高くなるでしょう。

宝石は使用しないで、素材だけにする方法も可能なので、これならかなり料金を節約できます。

もちろん安い料金で作れる工房や、安い料金でオーダーメイドが可能な店を探すことも大切です。

現在ではインターネットで簡単に工房探しやオーダーメイドを受け付けている店を探せるので、結婚指輪を安く作りたいという人は、自ガンをかけて情報収集をしてみましょう。

しかし、せっかくの結婚指輪なのに、料金だけで決めてしまうのはどうかと考える人もいると思います。

それでもパートナーとよく相談をして、シンプルな感じでよいと思えれば問題はないでしょう。

そもそも結婚指輪というのは、結婚のシンボルのような物なので、シンプルでも全く問題はないのです。

Continue reading “シンプルで安い結婚指輪を作る”